薩摩部屋 −水俣 源光寺−



          
                        本堂裏に扉があります


            念仏禁制隣接藩からの門徒を受け入れていた薩摩部屋は、
            源光寺本堂下にあります。
            入り口は本堂の後堂です。


          


            扉を開けると小さな部屋がありました。
            そしてその小部屋の隅に、本堂床下につづく扉があります。


          
                    四角い穴がが薩摩部屋への入り口です


            薩摩部屋は、「部屋」とよべるようなものではなく、
            床下そのものです。
            しかし高い本堂の床下は、十分な広さと高さがありました。
            でも明かりはありません。


          


            確かにここならば、人目に付かずに聴聞できます。
            しかし、なんというご苦労でしようか。
            まさに命がけの聞法です。



           ◇木の枕

          

               薩摩の念仏衆の人々は看視の目をくぐり夜陰に身をかくし
               秘かに国境を越えては寺にたどりついて法を聴聞したが、
               疲れた身体をしばしの仮眠に癒したことだろう。
               木の枕に身を休めた人々の想いは何であったろうか。

                                   源光寺展示説明より



           ◇親鸞聖人夫人 “ 玉日姫様御絵像 ”

          

               厳しい念仏禁制の下に信教の自由を奪われた薩摩の
               浄土真宗の信者の一人、出水郷の農夫某日頃から仏法
               聴聞の念やみがたく看視の網をくぐり命をかけて国境の
               山路をひそかに越えて肥後水俣にたどりつくと顔見とりの
               農家にしばしの憩いをとるのが常であった。

               彼はいつも小さな木箱を大事そうに背負うていたが口ぐせ
               のように“命より大切なもの”と言って居た。
               その日もその家で休んでいると不幸にも十四、五名の捕方
               に包囲され“も早これまで”と木箱を家人に託し自ら首を
               斬って己れの命を絶った。

               木箱の中には玉日姫の御絵像が納められていたが、彼は
               玉日姫を通して親鸞聖人を拝し、更に阿弥陀如来を礼拝し、
               役人の目をのがれたと思われる。

                                   源光寺展示説明より



           所在地 浄土真宗本願寺派 源光寺 熊本県水俣市浜町1−6−5

           次へ進む